HOME > 代表コラム > [代表コラムVol.3]努力には価値がある

[代表コラムVol.3]努力には価値がある

  • 2022.02.19

早いもので2月も終盤です。このコラムも毎月掲載を目指しているが、油断してると時間が経つのが早い。来月からは、スケジューリングをしてコラムに向き合う時間を確保することを誓います。

 

世間は今、コロナの中でオリンピックで盛り上がってる?盛り上がってるのか?ないのか?わからないが、冬季オリンピックになるとメディアによく出てくるのがカーリング。オリンピック以外のカーリングを日頃からチェックしている人は本物のファンだろう。私はにわかというか、にわかでもない。ただ、一度は予選ステージで敗退を覚悟したロコ・ソラーレが劇的に準決勝進出したニュースを見て、努力が報われてよかったな!と思い、気になってTV観戦した。もちろん対戦国も含めて、オリンピックに出てるアスリートは全員が努力をしてるのだから日本の立場ではよかったが、惜しくも準決勝に残れなかったチームの気持ちになると複雑ではあるが、それでもルールはルールで、堂々とロコ・ソラーレは準決勝に残った。彼女たちを見てると、いい意味でアスリートらしくないというか、普通である。前回のオリンピックから話題になってるモグモグタイムなどが、さらに見てる側に親近感をわかせ、感情移入させるのだろう。ただし、プレーしてるパフォーマンスは超人的で、そのギャップとボディコンタクトがなく、戦略性に富んだゲームの面白さが、オリンピックのたびにカーリングが注目を集める要因なのかな。などと思いながら、初めて1試合をテレビで観戦した。結果は見事に予選1位のスイスを相手に前日のリベンジを成し遂げ、決勝へ進出!改めて思う、努力をどんなに重ねても報われないこともある。そんな現実もオリンピックは見せてくれる。しかし、努力なくして何かに報われることはない。むしろ、歩んだそのプロセスから得ていることがたくさんあるだろう。やはり、努力をしない生き方なんて考えられないな。そんなことを思いながら、カーリングを見た。明日、20日は決勝戦だ。また観戦したいが、その時間には予定がある。少し残念だが、私は私の努力が必要だから頑張ろう。本気で努力してる人は美しい。

 

「努力には価値がある。」

 

株式会社 夢現
むげん整骨院|鍼灸院グループ
代表取締役社長 村上 史朗